Meet the Earth Scientists!(地球・環境科学者との交流)

2018年国立環境研究所一般公開「春の環境講座」
2018年国立環境研究所一般公開「春の環境講座」

内容:

  • 国際会議期間中に開催される「若手研究者プログラム」にオブザーバー参加し、海外の第一線で活躍する著名な科学者や、海外の若手研究者と触れ合う機会を設けます。
  • 希望があれば海外研究者と会話する機会を設けます。

日時:

国際会議の期間中、9/25-29のいずれかで60分程度

場所:

サンポート高松

対象:

  • 中学、高校の生徒(および、付き添いの保護者)、広く学校教育に関わる教職員の方(小中高の区分は問いません)。
  • 特に、理科教育に関わっておられる方。
  • 環境に関する仕事(例:研究職や行政職など)に就きたいと考えている大学生の方。
  • 環境に関する行政や調査・研究に携わっておられる公的機関の方。
  • 学校や団体の所在地は問いません。

募集人数:

20人程度まで(参加希望者が少ない場合、開催しないことがあります)

参加条件:

  • 参加費は無料です。
  • 参加にあたっては審査をさせていただきます。
  • 中高生の参加者には「受講証明書」を発行します。
  • 国際会議の雰囲気やマナーを尊重し、遵守していただきます。会場に入場後は静粛にしていただき、私語は慎んでいただきます。入場後にふさわしくない行動が見られた場合には、退出していただくこともあります。
  • 講演は英語で行われますが、日本人研究者も同席しますので、英語が苦手でも大丈夫です。
  • 会場との往復途中での事故や会場内で発生した不測不慮の事故、怪我・病気、盗難などについて、主催者は責任を負いません。必要と判断される場合には、参加者個人あるいは学校・団体の責任において保険にご加入ください。
  • 内容、対象、募集人数、参加条件など、本イベントに関することは、国際会議主催者の都合で、予告なく変更になることがあります。あらかじめご了承ください。

参加申込方法:

  • 参加申込書(エクセルファイル) をダウンロードし、必要事項を記入の上、以下の申込み先にメールでお申し込みください。
  • メールの件名には『地球・環境科学者との交流申込』とご記入ください。
  • 事前にお申込みください。当日の参加申し込みは受け付けません。
  • なるべく、グループ単位でお申込みください。
  • 付き添いの保護者の方はご参加いただけます。合わせてお申し込みください。

申し込み先:

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2
国立環境研究所地球環境研究センター地球大気化学研究室内
iCACGP-IGAC2018国際会議事務局 宛
Email: icacgp-igac2018@nies.go.jp
Tel:029-850-2762

申込締切:

平成30年7月15日

Sponsors

Conference Sponsors

         RESTEC   CGER   Tokyo Dylec Corporation   TOYOFUJI SHIPPING CO.,LTD.   Shoreline Science Research, Inc.   Picarro, Inc.   Diamond Air Service Inc.   Elementa: Science of the Anthropocene   SHIMADZU CORPORATION, Koichi Tanaka Mass Spectrometry Research Laboratory   Japan Meteorological Corporation      World Meteorological Organization   Nippon Thermo Co., Ltd.   MDPI   GEF   MEIWAFOSIS   Taiyo Corporation   ITEC Science Co.,Ltd   SUURI-KEIKAKU Co.,Ltd   Springer  

Early Career Program Sponsors

APN  National Science Foundation  National Aeronautics and Space Administration  National Oceanic and Atmospheric Administration  World Meteorological Organization  Global Atmosphere Watch           

Cooperating Societies

     

Supporting Organizations

Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology-Japan (MEXT)   Ministry of the Environment, Government of Japan   Japan Tourism Agency, Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism   Science Council of Japan   NIES                                    Kagawa University